旧)コインランドリーMIS社長日記→※移動済み

11歳と8歳のアルペンスキーヤーの父親であり、コインランドリーFC本部運営会社の社長としての一言二言。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< え〜い、やってしまえい | main | 研修 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * - *
定時に帰る仕事術
コインランドリー 定時に帰る仕事術文庫版

以下、この本からの抜粋

私たちは、自分の置かれている状況に不満があったり、生産性が上がらないと、会社や世間や他人を責めます。

そういうなあなあの雰囲気になじみ、非生産的になるように自分を訓練します。

仕事の邪魔をされる、と文句を言いますが、そのくせそれを防ぐ手立てを考えようとはしないのです。

自分を哀れむことに、ある種の快感を覚えていませんか?

周りの状況や環境に翻弄されていると被害者ぶっていませんか?

そういう心地よい生ぬるさから抜け出すのは怖いかもしれませんが、やらなければならないのです。

以上。

これっていろんなことにいろんなひとが当てはまります。

原因他人論ではいけないんです。

気合入れて生きて行きましょう。

俺もやります。




読んだ本の感想 * 21:57 * comments(3) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
- * 21:57 * - * - *
私は「お迎え」があるという事もありますが
基本、定時に仕事を追えるという事にしています。

これは私が新入社員の頃、

「残業する社員が有能ではなく、同じ仕事を定時に終わらせるのが有能なんだ」

と当時の社長に言われた言葉がとても心に残っていて、
そのころからノー残業を心に決めて頑張っています。
これからも頑張りマッスル。
| むーにょん | 2007/11/13 7:23 AM |

まさにそのとおりですね。
これをうまく気付かさせてあげて、
いい方向に導く、労務管理って難しいですね。
| けんけん | 2007/11/13 10:07 AM |

>むーにょんさん
いつも5時半には一通り仕事が終わってて、明日の仕事の予定も細かく考えてから退社するあなたには敬服しています。
これからも頑張りマッスル願います。

>けんけんさん
これ何も労務管理に限ったことではありません。
経営者の中にも売りの上がらない理由、採用がうまくいかない理由を自分以外の何かに求める人がいます。
そして自分を哀れむことを快感とします。
そんなことで売りは上がりません。
人は取れません。
社員は育ちません。

そのあたりを含めて今度の地区会でお話させていただきます。
| 三原です | 2007/11/13 10:41 PM |










http://coinlaundry.jugem.jp/trackback/374
<<new |  / pages | old>>
Picture
_MG_7788.jpg
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Search this site.
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM
OTHERS